会員規約

(趣旨)
第1条
 この規約は、株式会社CULENのイコールパートナーのクリエイティブな活動を応援するファンの皆様が集うオフィシャルファンサイトの会員となるための入会手続、会員に対して提供するサービス等について必要な事項を定めるものとします。

(名称)
第2条
 このオフィシャルファンサイト(以下「当サイト」といいます。)の名称は、新しい地図とします。
2 当サイトの会員は、新しい地図NAKAMAと呼称します。

(運営主体)
第3条
 当サイトは、株式会社CULEN(以下「運営主体」といいます。)が主催し、運営するものとします。

(事務所)
第4条
 当サイトの主たる事務所は、東京都港区に置きます。
2 運営主体は、必要があるときは、従たる事務所を置くことができます。

(会員資格等)
第5条
 当サイトの会員は、個人に限ります。
2 会員は、次の二種とします。
 (1) 国内会員 日本国内に居住する会員をいいます。
 (2) 海外会員 外国に居住する会員をいいます。

(入会)
第6条
 当サイトの会員となろうとする者は、別に定める入会方法により申し込み、運営主体の承認を得て、第12条に定める入会金及び年会費の支払を完了した時、会員となります。
2 会員となろうとする者が未成年の場合は、親権者その他の法定代理人の同意を得なければなりません。

(入会の不承認等)
第7条
 当サイトの会員となろうとする者が次の各号の一に該当したときは、運営主体は、その入会を承認しないことがあります。
 (1) この規約に違反して、入会の承認が取り消され、又は退会処分を受けたことがあるとき。
 (2) 架空名義で入会の申込をし、又は入会申込の内容に虚偽の事実が含まれていたとき。
 (3) 第6条第2項の定めに違反しているとき。
 (4) 既に当サイトの会員として登録されているとき。
 (5) 前各号に定めるもののほか、当サイトの会員とすることが相当でない事由があるとき。
2 当サイトの会員となることを承認された者が前項各号の一に該当した場合、その者が第12条に定める入会金及び年会費の支払をするまでの間は、運営主体は、その入会の承認を取り消すことができます。この場合、その者が既に入会金又は年会費の一部を支払っていたとしても、これを返還しないものとします。

(任意退会)
第8条
 会員は、いつでも当サイトの会員から退会することができます。
2 前項の場合、退会する会員が支払った入会金及び年会費は返還しないものとします。
3 会員は、会員特典によって購入した商品等の購入代金その他退会時に当サイトの利用に関して負担していた債務については、退会後もその支払いをしなければなりません。

(退会処分)
第9条
 会員が次の各号の一に該当したときは、運営主体は、その会員を退会させることができます。
(1) 第18条の定めに違反したとき。
(2) 第6条第2項の定めに違反していたとき。
(3) 前3号に定めるもののほか、会員が当サイトの名誉を毀損し、若しくは当サイトの目的に反する行為をし、又は会員としての義務に違反するなど退会させるべき正当な事由があるとき。
2 前項の定めにより退会処分を受けた会員が支払った入会金及び年会費は、これを返還しないものとします。

(反社会的勢力の排除)
第10条
 暴力団員、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋等、社会運動標榜ゴロ又は特殊知能暴力集団等(平成23年12月22日付け「組織犯罪対策要綱の改正について」による改正後の警察庁作成に係る平成23年5月13日付け組織犯罪対策要綱第7条の1の(1)アに定めるものをいいます。以下「反社会的勢力」と総称します。)は、当サイトの会員となることができません。
2 会員となろうとする者が反社会的勢力(反社会的勢力であった場合を含みます。次項において同じ。)であるとき、又は反社会的勢力に自己の名前を利用させて入会の申込をしたものであるときは、運営主体は、その入会を承認しないもとします。
3 会員が反社会的勢力であるときは、運営主体は、直ちに当該会員を退会させるものとします。
4 前2項の定めにより、入会の承認を受けることができなかった者又は退会させられた会員が支払った入会金及び年会費は、返還しないものとします。

(会員資格の有効期間等)
第11条
 会員の会員資格の有効期間は、入会した月の翌月から1年間とします。
2 会員資格を継続しようとする会員は、有効期間が満了する日までに第12条2号に定める次年度の年会費を支払って、更に1年間会員資格を取得することができます。以後も同様とします。
3 前項の定めにかかわらず、会員資格の有効期間が満了する日までに次年度の年会費を支払わなかった会員が有効期間の満了日から3か月以内に次年度の年会費を支払った場合は、有効期間満了の日の翌日から1年間、会員としての資格を取得することができます。この場合、当該会員は、有効期間の満了日から次年度の年会費の支払い完了の日までの間は、会員としての特典その他会員として権利を享有しないものとします。

(年会費等)
第12条
 会員は、入会時に次に定める入会金(海外会員を除きます。)及び年会費(いずれも8%の消費税を含む。)を支払うものとします。
 (1) 入会金  1,000円
 (2) 年会費  4,500円
2 消費税法の改正により、消費税の税率が変更されたときは、その改正法が施行された日以降に支払う入会金及び年会費については、改正された消費税率が適用されます。

(会員の特典)
第13条
 会員は、次の各号に掲げる特典を受けることができます。ただし、海外会員は、郵便等による現物の送付に係るサービスを受けることができません。
 (1) 会員用のウェブコンテンツの利用
 (2) 会員限定のオリジナルグッズの購入
 (3) 抽選等による会員限定のインターネット等の番組の観覧及びイベントへの参加
 (4) 各種チケットの先行予約
 (5) 会報の無償配布
 (6) グリーティングカードの送付
 (7) その他運営主体が随時企画する会員用の特典
2 各種チケットの先行予約に関する具体的内容は、その予約の日程が確定した時点で会員に対し公表します。この場合、会員の入会時期によっては、当該会員がこのチケットの先行予約の特典を受けることができないことがあります。
3 会員限定イベントは、不定期開催となります。
4 会員特典の具体的内容については、やむを得ず、変更されることがあります。
  この場合、運営主体は、会員に対し、速やかに変更内容を通知します。

(会員特典の不備)
第14条
 会員が受領した会員特典に不備があった場合、会員は、当該特典を受領した後10日以内に所定の方法で当会に申し出た場合に限り、不備のない会員特典との交換その他の対応を受けることができます。
  受領後10日を経過した後は、第19条に従って処理されます。
2 前項の交換その他の対応は、当該不備について運営主体の責めに帰すべき事由がない場合には、行いません。

(会員特典の喪失)
第15条
 申込期限のある特典の利用について、会員がその期限を徒過した場合、会員は当該特典の申込をすることができないものとし、運営主体は、当該期限の徒過後は、会員からの問い合わせには応じないものとします。
2 会員が運営主体の責めに帰すことができない事由によって期日が指定されたイベント等のチケットを受け取ることができなかった場合、当該チケットは無効とします。この場合、運営主体は、当該チケットの代金の返還には応じないものとします。
3 会員の利用する通信機器の状況やそのインターネット環境等によって、前条の特典の全部若しくは一部を受けることができず、又は必要な情報を得ることができず、若しくは情報の取得が遅れることがあります。

(提供できないサービス等)
第16条
 運営主体は、天災地変その他やむを得ない事由によって、この規約に定めるサービスの全部又は一部を提供できない場合は、会員に対して事前の連絡をしないで、当該サービスの全部又は一部の提供をしない場合があります。
2 前項に定める場合のほか、イコールパートナーの健康、当サイトの運営状況その他の予測できない事情によってこの規約に定めるサービスの全部又は一部を提供できない場合も前項と同様とします。
3 前2項の場合、運営主体は、会員に対し、サービスの提供ができなかった理由を速やかに連絡するものとします。

(会員の義務)
第17条
 会員は、運営主体から発行を受けた会員証、会員番号及びパスワード  をその責任において適切に管理しなければなりません。
2 会員は、前項の会員証、会員番号又はパスワードを他の者に譲渡し、貸与し その他その方法のいかんを問わず、使用させることができません。
3 会員は、その氏名、住所、電話番号、メールアドレスその他入会申込時に運 営主体に届け出た事項を変更したときは、速やかに運営主体に対し、運営主体 が指定する方法でその旨を連絡し、必要な変更手続をしなければなりません。
4 会員が第1項の定めに違反して、会員証、会員番号若しくはメールアドレスの管理を怠り、又は前項の連絡若しくは変更手続を怠ったことにより生じた損害については、運営主体は、一切その責任を負わないものとします。

(禁止事項)
第18条
 会員は、次に掲げる行為をしてはならないものとします。
 (1) 会員資格を他の者に譲渡し、貸与し、その他その方法のいかんを問わず使用させること。
 (2) 重複して会員登録をすること。
 (3) 当サイトを通じて入手したイコールパートナーの映像、イラストその他の著作権法上の著作物について、その権利を侵害すること。
 (4) イコールパートナーその他の者の商標権、その他の知的財産権を含む一切の財産権、肖像権、プライバシー等を侵害すること。
 (5) 当サイト及びイコールパートナーのほか、当サイトの関係者の名誉又は信用を毀損すること。
 (6) 会員特典として得たチケットの優先予約券、チケット、グッズその他の会員の資格に基づく権利を他の者に譲渡し、貸与し、又は質権その他の担保の用に供すること。
 (7) イコールパートナーに対して面会を強要し、又は運営主体及びそのグループ会社に対して、イコールパートナーへの連絡又は面会を申し入れること。
 (8) 当サイトを利用して、自己又は第三者の利益を図る活動をし、又はその準備活動を行うこと(ただし、あらかじめ運営主体の書面による承諾を得ていた場合を除きます。)。
 (9) 当サイトを利用して、公職の選挙に係る選挙運動又は公職選挙法に抵触する行為をすること。
 (10) 当サイトを利用して、宗教の宣伝、宗教団体の設立、宗教団体への加入の勧誘その他の宗教活動をすること。
 (11) 運営主体が運営するウェブサイトに不正にアクセスし、又は運営主体の電気通信設備に過剰な負荷をかけ、その他当サイトの運営を妨げる行為をすること。
(12) 前各号に掲げる行為のほか、法令又は善良な風俗に反する行為をすること。
2 会員が前項の定めに違反し、運営主体又はイコールパートナーに対して損
害を与えたときは、その損害を賠償するものとします。

(運営主体の賠償責任)
第19条
 運営主体は、この規約に別段の定めがある場合のほか、その責めに帰
すべき事由により会員に損害を与えたときは、その損害を賠償するものとします。
2 前項の場合において、その損害賠償額の上限は、運営主体、その代表者又は従業員に故意又は重大な過失がある場合を除き、当該会員が支払った入会金及び1年分の年会費の合計額とします。

(個人情報の取扱い)
第20条
 運営主体は、別に定める個人情報取扱規則に従いその保有する会員の個人情報を適切に管理するものとします。

(会員への連絡等)
第21条
 運営主体から会員に対する通知・連絡は、運営主体が運営するウェブサイト上への掲載、電子メールの送信その他の電子通信手段でするものとします。この場合、ウェブサイトへの掲載による通知・連絡は、当該ウェブサイト上に通知又は連絡事項を掲載した時に、会員に対する通知又は連絡があったものとして取り扱います。

(解散)
第22条
 運営主体は、イコールパートナーの活動状況その他の事情によって、その運営を継続することが困難と認められる場合は、当サイトを解散することができるものとします。
2 当サイトを解散する場合は、解散する日の6か月前までにその旨を会員に対し適宜の方法で通知するものとします。
3 運営主体は、解散の通知をした後は、新たな会員を入会させず、有効期間の満了した会員の会員資格を継続させないものとします。
4 運営主体は、当サイトを解散した後、解散を通知した月から会員資格の有効期間が満了する月までの年会費を、月割り計算で会員に対し返還するものとします。

(規約の変更)
第23条
 運営主体は、この規約の内容を変更することを必要とする事情があり、その変更する内容に相当性と合理性があり、会員の利益に適合するものである場合には、この規約を変更することができるものとします。この場合、運営主体は、その変更する規約の内容を会員に対し適宜の方法で通知するものとし、その通知の日から1か月を経過した日(以下「規約変更予告期間」といいます。)に規約は変更されるものとします
2 前項の場合において、規約の変更内容が会員の利益に適合しないときであっても、規約変更予告期間内に、当該変更について、全会員の半数を超える会員からの異議がないときに限り、変更できるものとします。

(運営事務の委託)
第24条
 運営主体は、当サイトの運営事務(ただし、第7条、第9条、第14条、第22条及び第23条に掲げるものを除きます。)を第三者に委託することができるものとします。

(合意管轄)
第25条
 運営主体及び会員(会員となろうとした者及び会員であった者を含みます。)は、この規約に関する紛争については、東京地方裁判所を第一審の管轄裁判所とすることを合意したものとします。

(準拠法)
第26条
 この規約の準拠法は、日本国法とします。

附則
1 当サイトの会員に対するサービスの開始時期は、平成29年10月16日です。
2 平成29年9月30日までに当サイトの会員となるために入会を申し込み、所定の入会金・年会費を支払済みの会員は、第11条第1項の規定にかかわらず、その会員資格の有効期間は平成30年10月31日までとなります。